最新のお知らせ

猿には解らないが、人間なら解るプログラミングの基礎の基礎

なぜを説明しないところが多くはイメージできない。

なぜ最初に“Hallo Worldなのか?

なぜいきなり構文の説明なのか?

なぜ最初に環境の説明がないのか?

最初のHallo World

多くのプログラミング学習書やサイトでは、必ずといってよいほどHallo Worldを記述してブラウザに表示するといった事を読者や学習者に説明します。

ほら! できましたってあんばいですが、初心者にとっては”だから何⁉︎“ですよね。簡単な話でこれがどう役立つのか?利用する場面がイメージできないのです。

例えば、あるサイトにユーザー登録するとします。登録が完了したのち画面が変わって”ユーザー登録して頂きありがとうございます“と表示されていた場合のこの言葉を出力する時に使ったりしますよ。と具体的に説明を付け加えると理解しやすいと思います。

なぜいきなり構文の説明なのか?

確かに構文は大切ですし、初心者が最初に覚えなければならない関門です。先に述べたように時々のシチュエーションを想定すると記憶しやすいです。
世の中には数多くのプログラミングの言語が存在しますが、まずは1つの言語を選択して取り組む必要があります。言語には方言やお作法のようなものがありますが、1つの言語を概ね使えるようになると他の言語も理解しやすいです。
HTMLやCSSも覚えるに越したことはないですが、昨今ではソフトウエアが進化しているため基本的な構造さえ理解できていれば、あまり意識せずに使うことができるでしょう。

なぜ最初に環境の説明がないのか?

たぶんですが、プログラミングの環境構築で上手くいかない可能性があるかもしれないから、ある程度理解できてからの方が安心と考えているのではと思います。 それはそれで間違いないのですが、お相手は初心者ですから、書けと言われたら何で?となるでしょう。機転の利くお相手なら、パソコンのメモ帳を開くかもですが、紙に書いちゃうなんて事もありえます。
ですから、せめてエディタ(高機能な記述ソフト)の紹介や使い方など、知らせる手間は必要かと思います。

プログラミングを学んだり、実際にプログラムを実行する上で欠かせないのは仮想環境構築です。オンライン上でサーバを動かしてテストするのはセキュリティも含めて危険ですので、自分のコンピュータ内だけで進めるのがベストですし、多くのプログラマー達はそのようにしています。ブラウザはどのようなコンピュータでも入っていると思いますが、Apacheサーバ・SQLサーバや言語を扱うためのライブラリなどが必要になってきます。

ひとつひとつをコンピュータにインストールしなくても、MAMPやVirtulBoxと呼ばれるパッケージになっている仮想環境構築のソフトがあり、無料で使用することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です